FRP容器の歴史

Enviroment saving GASTANK

FRP(強化プラスチック)容器の歴史 (History of FRP)

  主に軍事及び宇宙開発のため研究報告を公表していなかった。
Primarily for military and space development,the research result was not open to public.
1964年 Aerojet-General社
多数のロケットチャンバーの研究報告を公表。
The company “Aerojet-General”,they made the research result of a lot of rocket chambers public.
1965年 航空宇宙用に本格的に利用
固体ロケットのモーターケース、気蓄器等
It began to be used in earnest for the aerospace.
For motorcase of solid rocket, air store container etc.
1966年 NASA CR-72124 コンピュータコード
金属製ライナーを有するフィラメント強化圧力容器の解析のためのコンピュータプログラム
NASA CR-72124 Computer Code
Computer plogram for analyzing of filament reinforcement pressure cylinder with metal liner.
1970年 NASA 民生利用へ技術を応用
消防用の空気呼吸器用FRP複合容器の開発が開始
アルミ合金製ライナー/S-ガラス繊維
最高充てん圧力 4000psig(281kg/cm2)
内容量6リットル強
クロモリ容器に対して50%の軽量化
NASA applied the technology for the public use.
The development of the FRP compound cylinder of aerial respiration for fire was begun.
Aluminum synthesis liner/S-Glass fiber/Maximum filling pressure 4000psig(281kg/cm2)
Content amount over 6 liters
50% is lightened compared with the chromium molybdenum cylinder.
  米国運輸省(DOT)E-6747(特別な認可)
ニューヨーク、ロサンゼルス、ヒューストンの市消防によりフィールドテスト
U.S.Department of Transportation(DOT)E-6747(Special authorization)
Fieldtest by city National Fire Prevention in NewYork,LosAngels and Houston.
  NASA型容器とも呼ばれている
It is also called a NASA type cylinder.
1982年 民生用に研究が開始 消防用 5L
The research was begun by public use. For fire. 5 Liter.
1985年 高圧ガス保安協会において「軽量容器の開発研究」
“Development research into light cylinder” by KHK.
1997年 特別認可から一般基準化
ガラス繊維/アルミ合金 一般用
ガラス繊維/アルミ合金 CNG車用
CNG車両搭載用
ガラス繊維、カーボン繊維、
シームレス容器、Hoop Wrap、Fully Wrap、アルミライナー、プラスチックライナー

It changes from special authorization to general standard.
Grass fiber/Aluminum containing alloy for General
Grass fiber/Aluminum containing alloy for CNG vehicle
For CNG vehicle equipment.
Grass fiver,Carbon fiver.
Seamless cylinder、Hoop Wrap、Fully Wrap、Aluminum liner、Plastic liner

2000年 KHK S 0121 カーボン/アルミ合金、Fully Wrap 一般用
KHK S 0121 Carbon/Aluminum containing alloy、Fully Wrap for General
2005年 JARI S001 圧縮水素車両搭載用 最高充てん圧力 35MPa
カーボン繊維、Fully Wrap、アルミライナー、プラスチックライナー
JARI S001 For Compression hydrogen vehicle equipment. Maximum filling pressure 35MPa
Carbon fiber、Fully Wrap、Aluminum liner、Plastic liner
2005年 JICA-T-S/12/04 圧縮水素輸送自動車用(内容はJARI S001とほぼ同じ)
JICA-T-S/12/04 For Compression hydrogen transportation vehicle equipment(The content is almost the same as JARI S001.)
2006年 JGA指-NGV07-05 CNG車両搭載用
JGAdesignated-NGV07-05 For CNG vehicle equipment
  70MPa容器(予定)
70MPa cylinder (plan)

Copyright© 2012 GASTANK JAPAN Co., Ltd. All Rights Reserved.